アダムチャップリン

あっぱれ!!な日本愛に感謝する!!

監督のエマヌエーレデサンティは、日本の漫画やアニメが大好きらしい。

北斗の拳の名シーンを彷彿させるシーンもたくさん。

お前はもう死んでいるー。がこうなるとは(笑)

もう、最高!!

イタリアから届いた日本愛。

日本人よ、この愛を受け止めたまえ〜!!

イタリア映画らしいカラフルさ。

あまりにも原色で彩られているので、目はチカチカする。

血もただのスプラッタ映画並みではない。

すべてが尋常ではない異常さだ。

ストーリーは、ありがちなのになぜこうなるのか(笑)

一番びっくりするのは、監督のエマヌエーレデサンティが主演であり脚本も担当しているということ。

肉体美もマンガ並みのボディ。

すべてが規格外すぎて笑ってしまう。

そして、最高!と叫びたくなるのだ。

安っぽいパッケージにチープな雰囲気に騙されてはいけない。

ホラー初心者にはオススメしないが

ホラー耐性がある方は見てほしい。

この滅茶苦茶が今後のホラー映画界を支えるかもしれませんぞ。

ちぶ〜的北斗の拳度5

マジか!そこか!と、大興奮(笑)何気にカメラワークもうまい!自主映画の自由さって素晴らしいです。

本日紹介した映画は

アダムチャップリン(2010)

ADAMCHAPLIN

監督エマヌエーレデサンティ

あらすじは街のボスに大好きな妻を無残に殺害されたアダムエマヌエーレデサンティは、悪魔の力によって超人的パワーを身に付け、妻のリベンジを果たすべく行動を起こす。アダムは鋼のような肉体で、白目をむき、雄たけびを上げながら、ボスが刺客として送り出すマッドサイエンティスト武装警察部隊を、次となぎ倒していく。

(Yahoo映画より引用)

人気ブログランキング

にほんブログ村